2018年度お知らせ

小学校・中学校教員によるWG(ワーキンググループ)会議 

 

1月8日(火) 小学校の始業式後、小学校と中学校の教員が合同で会議を行い、小中連携の取り組みについて話し合いました。今年度3回目になりますが、今回は、共同での募金活動や、クラブ体験 道徳の合同研修などについて話し合い、小学校と中学校の連携をより進めていくことを確認しました。

 

 

 

 

 

  

 

小中教職員合同研修 道徳

 

 8月8日 午後から堅下小学校 堅下北小学校の先生方と合同で研修を行いました。来年度から中学校において道徳が教科となります。国分中学校の岩井校長を講師としてお招きし、模擬授業や評価についての意見交換を行いました。

平成30年3月30日 桜がとてもきれいです。

書写展

リビエールホールの書写展で、作品を展示した後、柏原市内の各学校1年生の書写作品を校内に巡回展示しました。

12月5日(火) 小中合同で道徳の研修をしました。

 1年3組の安藤先生の道徳の授業を、下小、北小、北中の教員が見学し、その後全員で道徳の評価について研修しました。小学校は、来年から、中学校は、再来年から教科として道徳が導入されます。評価もしますので、お互いの交流がとても有意義なものにまりました。

 

11月24日(金) 研究授業をしました。

 1年1組の英語の授業で松元先生が、研究授業をしました。2人一組での英文の読みの練習や、学習班での学び合いの様子など、他教科の先生方も参考になる授業でした。研究協議では、先日福井教育フォーラムで研修してきた2人の伝達講習の内容も参考にしながら、本校での学力向上に向けての取り組みを再確認する良い機会でした。

8月29日 教員研修を実施しました。

 学びの共同体研究会の馬場宏明先生を講師にお招きし、協働的な学びについて教員研修を行いました。子どもたちの学力向上に向けて、さらに取組んでいきたいと思います。