堅下北中学校のホームページへようこそ

 柏原市立堅下北中学校は、創立44周年を迎える学校です。柏原中学校より分離し、柏原市で4校目の中学校として創立されました。学校は、茜坂を登った上にあり、校舎からは、大阪平野が一望できる自然に恵まれた学校です。1・3年3クラス、2年生は2クラスで全校生徒は280名在籍しています。子どもたちは、堅下小学校、堅下北小学校の2校から中学校に入学してきます。地域や保護者の方々に支えられ、子どもたちは、授業にクラブ活動に熱心に取り組んでいます。

更新情報

生徒会サミット

 8月9日、柏原市内の小学校中学校の児童会・生徒会のメンバーが集合し交流しました。北中は、アイスブレイキングを担当したり、VTRでも登場しました。発表では、集団行動や挨拶運動、リーダー研修で取り組んでいること等を報告しました。

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキ塗り

 8月24日の登校日除草作業の後、環境委員が、校門横のプールフェンスのペンキ塗りをしてくれました。

リーダー研修

 北中の生徒会、専門委員会委員長と両小学校の児童会の皆さんが集まり、交流しました。毎年夏休み中の恒例行事ですが、小学生と中学生が一緒になって校区の学校の発展を考えるいい機会になっています。今年は、リクレーションの後、バーべキューで昼食をとり、家庭学習週間のネーミングを考え、ポスターを作りました。「go to the desk week ゴー ツウ ザ デスク ウィーク 机に向かう週間」というネーミングになりました。小学生には伝わりにくいかもしれませんが、家庭学習習慣を校区で定着させていきましょう。

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季職員研修

 8月7日、午前中は、堅下北中学校の教職員で前期総括と集団づくりについての研修を行い、午後は、堅下北小学校 堅下小学校の教職員と一緒に3校で合同研修をしました。3校合同研修では、教科の交流と道徳や特別活動 人権教育等教科外の交流を実施しました。

1学期終業式 大掃除 閉じの会


        大掃除の様子      3年生閉じの会 「紙飛行機の名は」大会の様子

 

7月19日、終業式が行われました。静かに始まり、落ち着いて式辞を聞いていました。1学期は、3年生を中心に、たくさんのことに頑張っていました。昨日の大掃除も熱心に掃除をしている姿がたくさん見られました。また閉じの会でも暖かな拍手がたくさんありました。2学期の始業式で成長した姿に会えることを楽しみにしています。

ジュネーブ大学の学生が視察に来ました。

 7月4日、スイスのジュネーブ大学の学生が、日本の中学校教育を知りたいということで本校に来校されました。授業を見学し、給食も一緒に食べました。「挨拶がとても気持ち良かったです。」「みなさんとても落ち着いて学んでいますね。」と褒めていただきました。日本を代表して、日本の中学校教育の素晴らしさが少しでもスイスに伝わればいいですね。

七夕に向けて願いを書きました。

 7月7日の七夕に向けて、教室前や玄関に「願い」を書き、笹につるしました。「ライブに行けますように」「親に褒めてもらいますように」等、さまざまな願いが書かれています。